Googleアドセンスの広告に、無関係だったり低レベルのものを見かけます。

Googleアドセンス
ホームページ運営者が、ネット広告スペースを貸すことで収益を得られるサービス[詳しく

これらが運営メディアに表示されると、収益が落ちる原因になるのではないかと疑っています。

機会損失になるダメ広告

興味がある広告はクリックされることが多いでしょう。「情報提供的な広告」なわけです。

一方、その逆も成り立ちます。私が気になるアドセンス広告は次の2点です。

  • 適当に出稿している
  • 親和性が低い

こういったダメ広告は、「情報提供的な広告」表示を阻害します。

ダメ広告はだいたい表示回数は少ないので、AIがうまく機能しているのかも知れません。しかし、機会損失には変わりないので、1回も表示させたくないですよね。

適当に出稿している

広告主にとって、Google広告がクリックされなければ、基本的に費用がかからないことはメリットです。

チャレンジしやすいので、広告の素人がやらされて、適当に設定しているケースがあります。

例えば、広告の見出しのなかに、「地名だけ」「特長にならないこと」をたびたび見かけます。ひどいときは「テスト」という表示も!

親和性が低い

掲載メディアのコンテンツジャンルとかけ離れた広告も載ります。わかりやすいケースだと、日本語コンテンツに英語広告。

また、詐欺のような広告もあり、運営サイトの信用を損わせることが、何よりの問題だと感じます。

ダメ広告を見つけてブロックする方法

確実なのは、全てチェックしてダメな「広告バナーのブロック」することです。ただし、掲載メディアによっては、かなりの広告量になるので難しいことかもしれません。

私の場合は隙間時間にiPadで行います。パソコンよりブロック指定を素早く行えるからです。

あまりにひどい広告なら、出稿アカウントごとブロックしています。

時間がない方は、まず下記を試すことをお勧めします。

親和性の低い広告を探す

狙いを絞って探す方法を紹介します。

もし、掲載メディアが「日本語のみ」なら、まずは外国語をチェックします。

  1. Googleアドセンスにログイン
  2. 左メニューの[ブランド保護]
  3. [コンテンツ]
  4. [広告レビューセンター]
  5. テキストボックスを押す
  6. [言語]

推測してワードで探す

掲載メディアとと親和性が低い業界やカテゴリを推測して、ワード検索します。例えば次の通りです。

  • 不用品
  • 廃棄物
  • 塗装
  • シミ

なお、クリック率の低いジャンルを確認する手段として、成果型アフィリエイト広告を並行掲載してレポートチェックする手があります。

アドセンスで、ワード検索する方法

操作方法は次の通りです。

  1. Googleアドセンスにログイン
  2. 左メニューの[ブランド保護]
  3. [コンテンツ]
  4. [広告レビューセンター]
  5. テキストボックスを押し単語入力

あなたへオススメ

関連リンク

カテゴリ
Webサイト運営, ガイド記事
特徴タグ